透明液晶(LCD)ディスプレイの原理は?世界初を専門家が予想

11.212016

この記事は2分で読めます

e0797971d059fa3cda8da11bb40f358e_s

先日の2016年CESにて、パナソニックが、
透明液晶LCDディスプレイの展示を行い、世界の注目を集めました。


どんな技術が使われているのか、気になる所ですが、
僕はディスプレイ関係のエンジニアですので、
透明LCDディスプレイの原理など、理解できている事、
出来ていないことも含めて書いていこうと思います。

スポンサードリンク

最初に、パナソニックの透明LCDディスプレイの動画を貼っておきます。

未来的というか、これを見ただけでかなり度肝を抜かれるので、
ぜひ見てみてください。プロでもビビるはず。



液晶ディスプレイの原理


液晶ディスプレイは、2枚の薄いガラスを重ね合わせて、
その間に液晶という、特別な液体を入れます。


液晶は電流を流して電界が発生した時に、液晶分子の向きが変わります。
液晶はシャッターとして働きます。


バックライトという、光源を背後から当てて、液晶のシャッターを通して、
カラーフィルターという、RGB(赤、緑、青)の色眼鏡を通って、人の眼に入って来ます。


このRGBの3色は、1mm角の範囲に何個も入っており、
これらの色と濃淡の組み合わせによって、写真の様に細かい映像を映し出す事ができます。


液晶のシャッターは、非常に細かい角度で段階的に設定できて、
バックライトの光をそのまま通すこともできるし、全てシャットアウトすることもできます。
また、サングラスの様に、ある程度光を弱める事もできます。

透明LCDディスプレイの原理は?


液晶ディスプレイの原理を解説した上で、
今回の透明LCDディスプレイの原理を考えたいと思います。

世界最先端技術なので、当然ですが解説してくれる人はいません。
なので、僕が勝手に予想する事にします。

僕も一応プロですが、製造のエンジニアなので、設計関係はそれほど強くないし、
特別な社外秘情報も得ていないので御陵下さい。
(もし、当たっていても、それは偶然^_^)


映像を見るに、バックライトが付いていないです。
バックライトがないから、液晶のシャッターを開けば、
透過して見えるので、棚の奥が見えます。


画面が棚の上から下に移動するのはこれもびっくりですが、
棚の上部にライトが付いているので、
これがバックライトの役割をしているのかも知れません。


ただ、気になるのが、その後のコックさんが料理の説明をしている時の映像は、
バックライトがない様に見えます。

いやいや、そんなバカな、と僕は思いました。
自発光できない事が液晶ディスプレイの欠点なんですね。


それが、あたかも自発光している様にみえる。
いや、でもさすがに自発光は無いと思うので、どこかから光を当てているのかも知れません。


ここだけ、どうしても分かりませんでした。

2017年に実用化してからのお楽しみですね!

ついに未来がやってきた


ワインセラーを覗きながら、今の温度とか、
ワクワクする様な映像の演出があって、
ついにこの時代が来たかー!という感じです。


この透明LCDディスプレイがもっと実用的になったら、
どんな所です使うんだろうか、と想像して思いつきました。
それは、やっぱり「スカウター」でした(笑)


5歳の息子をみて、

「710!」「730!」「ま、、まだ上がるのか・・・!」

「せ…せ…戦闘力…」「1307……!?」


「バカな!子供だぞ…」


これはぜひともやりたいです(笑)

スポンサードリンク

関連記事

  1. 4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s
  2. e2bab8c7a4953e1f22240ad3a2ed66a3_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。